ニューヨークの休日
- NewYork Fan Site -

メールアドレス

パスワード


新規登録


目次 [1] [2] [3]

[無料占い] [無料ゲーム]

今日のおすすめ


ニューヨーク州に位置し、830km^(2)の面積と810万人を超える人口を抱え、人口密度北米最高である。また、ニューヨーク市を中心に形成する都市圏の人口は1870万人を超え、東京ロンドンパリメキシコシティなどと並び、世界で最も巨大な都市圏の一つでもある。

世界の経済金融流行医学娯楽メディア及び文化の中心の一つで、多数の博物館美術館劇場、メディアの支部、多国籍企業及び国際金融市場の集積がある。また国連の本部が置かれ、世界的に有名な摩天楼が数多く存在する。

「ビッグ・アップル」、「決して眠らない街」、「世界の首都」の異名で知られ、何百もの言語と文化が折り重なり、多くの移民を引き付けている。人口の約3分の1が外国人で、アメリカ合衆国国内からもそれの持つ文化、多様性、生活、世界観およびビジネス・チャンスを求め多くの人が集まっている。

The Asian American Federation of New Yorkによれば26,000人の日本人がおり、61%はマンハッタン区に、23%はクイーンズ区に住んでいる。ニューヨークには多数の外国人街区があり、そこには多くのアメリカ国籍を持たない外国人が居住している。イースト41丁目の一部も日本人街だという事はイーストビレッジに比べあまり知られていない。

有名な建造物

有名な場所






マップインデックスから,デイフライト,ナイトフライト,見たい場所を簡単に選択できます。 画像も鮮明で,低空飛行もあり,シーンによっては人々の様子まで映し出してくれます。余計な説明は一切無く,美しい音楽にのせてマンハッタンの上空を贅沢に遊覧飛行します。 ツインタワーが無いのは寂しいですが,それがニューヨークの「今」です。最近NYを訪れた人は,旅の思い出にいかがでしょう。

『10日間・・・』でポスト・メグライアンとしてラブコメ女王としての地位を確立したケイト・ハドソン。『あの頃ペニー・レインと』では演技派としての実力をみせつけ、今1番ノッてる女優の1人です。一方、『サウンド・オブ・サイレンス』で圧倒的な演技を披露したブリタニー・マーフィー。最近はラブコメ中心の彼女ですが、『サイドウォーク・・・』では切ない女性の気持ちを上手に表現しています。本作は多彩な登場人物たちが繰り広げるストーリーがうまく絡み合い、NYの美しい風景も楽しめる意味で秀逸です。

私が「アメイジング・グレイス」を知ったのは 9.11テロ事件、世界貿易センタービル跡地「グランド・ゼロ」で 歌われているのを聴いたのが最初でした。 美しくも、もの悲しいようなメロディーに惹かれ これまで色々な歌手の方が歌うアメイジング・グレイスを聴きました。 その中でも抜きん出て素晴らしいと思ったのが、この ヘイリーのアメイジング・グレイスです。

この映画はmary-kate&ashleyの為の映画です。 ですから、二人を知らない方には少々物足りなく感じる部分もあるのかも知れませんが、 めまぐるしく変わるニューヨークの街を舞台に、物語も題の通り急展開。 次から次へと問題発生で、場所も衣装もくるくる変わって、 米国のティーンのファッションリーダーの主演映画として観ても見応えたっぷりです☆

アフリカの王子が、自分の妻を捜すためにニューヨークへ行き、スッタモンダの挙句に自分の望みをかなえる。たったそれだけの話なのですが、その中にちりばめられている「ちょっとした話」のひとつひとつが妙に共感を感じるんですね。  アメリカの若者の仕事を通した実態を見事に描きます。そしてアメリカ特有の「出世物語」もあり、何より傑作なのは登場人物それぞれの強烈な個性でしょう。  会話的にはスラングが非常に多く、これも字幕を英語にすればスラングの勉強にもなりますが、全体的にきれいな英会話を学習できます。

ヤンキースが勝利するとヤンキースタジアムで流れる曲。それに惹かれて購入いたしました。わが娘は「NY楽しい NY楽しい」の曲といって車でせがんで聴きます。NYのはなやかさ 楽しさをこれほど感じさせる曲をほかにしりません。ゴルゴ13に「モスクワ人形」という話があり、生粋のロシア人がアメリカ文化を習うというのがあり、そのなかに「ミスターボイス」というのはだれのことというのがあり(もちろんシナトラですが)一度真剣に聴いてみようという気になりました。

エリック・アレキサンダーは、新作を出すたびに良くなっています。 テナー・サックスの古き良き伝統をすべて咀嚼したかのような、彼ならではのエネルギー感を込めて自然に生み出される演奏には、聴衆を何の抵抗もなくスッと取り込んでしまう魅力に溢れています。 ミディアム・テンポで演じられるSunday in New YorkからMy Romanceまで、全編を通じた泰然自若ぶり。自信と余裕に満ちた音のふくらみ。情感ある説得力。前作「ジェントル・バラッズ」よりシンプルでストレートな昼間のジャズですが、リラックスしてアレキサンダー・ワールドに浸ることができます。

NYの超有名レストラン『Bouley(ブーレィ)』で働いていた経歴を持つ著者の「シンプルでおしゃれなニューヨークスタイル」のお菓子のレシピがいっぱいのっています。ニューヨークのお菓子屋さんの情報や、美味しそうなケーキの写真、街の風景写真もたくさん載っているので、ニューヨーク大好きな人はもちろん、行ったことのない人も楽しめます。大きな地図もついていて便利です。

ニューヨークへ旅行へ行く前に何の気なしに読んだのですが、思いのほか内容が充実していて、しかも読みやすく、読んでおいて良かったと思っています。イタリア人による発見、オランダ、イギリスによる植民地化など初期の歴史から、移民時代、2つの世界大戦時代、戦後へと、歴史に沿いながらニューヨークの歴史とそれに関わる地理がうまく説明されています。特に、第一次大戦後の好況からジャズエイジ、大恐慌、禁酒法時代あたりまでの概要は特によくまとまっていたと感じました。また名所観光に役立つ内容も多々含まれており、旅行者にも適した本だと思います。
最近多いNYの本の中でこの手の本は異色で面白かった。ガイド的な要素もあるが「住む人」の視点で描かれたNYは、既存のガイド本にない魅力がある。 エッセイの章では、筆者の周りにいる芸術家や興味深い職業を持つ人達、その作品等を写真と共に紹介していて皆、NYならではーという感じのものでおもしろかった。その中に筆者の御主人の仕事や作品も掲載されていて(広告写真の模型製作という仕事ーー非常に興味深い。)イラストの頁同様「生のNY」の息吹が感じられる。

NYの夜景で路面から蒸気が立ち昇っているシーンをよく目にする。あれは地下を走るスチーム管から漏れるものらしいが、その地下に人々が暮らし、地底人じゃあるまいにコミュニティまで形成しているという事実に、アメリカの大都市の病巣の深さを思い知らされる。社会の落伍者たちが、単にホームレスとして街を彷徨うどころか地下に潜伏するとは、究極のドロップアウトと言えるだろう。
オールカラーで読んでいると言うよりも、眺めて楽しむ感じのコンパクトな写真集です。 この本を読んだだけで、自分もNYに行った気になれます。 取材してあるお店はどこも本当にステキで「あ〜これ欲しぃ〜」と、何回も思いました。 店に売られている物だけではなく、店の外観も撮影されているので実際にNYに行って、お店を探すのにも役立つと思いました。
ライブを聴かせてくれるジャズ・クラブだけでなく、レコード、CDショップ、楽器、楽譜、書店、レストラン、コーヒーショップなどから、モデルコースまで盛りだくさん。バスやタクシーの乗り方まである。地図に地下鉄路線図も充実して、これ1冊を手に旅立つ人もいるかもしれない。  1987年にジャズ批評社から出た同名のガイドの第2弾。  ガイドではあるけれど(地図がすごい)、読み物として楽しめるように工夫されている。さりげなく、ジャズ関連スポットとして、パーカーが住んでいた家などを紹介して、ジャズの歴史もたどれる。  各章の前後に置かれたエッセイも笑える。それにレストラン・ガイドも便利そう。
二十一世紀を生き抜くなら、これらの写真には目を通しておいたほうがいいだろう。 今は巨大な穴ぼことなっているワールドトレードセンターの、あの瞬間までの姿と、その死に様がそこに映し出されている。 中身のエッセイは、ニューヨーカーの、ニューヨーカーによる、ニューヨーカーのためのもの。 ただ、ニューヨークに滞在したことのある人なら、その雰囲気が少しはわかるのではないだろうか。 都会の中、冷めた人間関係の中、時折見せるフレンドリーな表情や、温かい言葉。 アメリカ中のどことも似ていないのに、最もアメリカ的と言われる町。 前にも書いたが、二十一世紀を見直す上で、無視できない写真集になるだろう。
一言でいうと、非常に濃い、中身のつまった本。 アメリカ、及びニューヨークのエスニック文化、政治問題や歴史、世相について、日本語の報道だけでは得られない長期居住者ならではの緊迫感のある情報が満載されている。トピックもNY歴代市長から大富豪のトランプ氏、JFKジュニアからクリントン、ユダヤ、コリアン、ブラック、サムライ、猫、大統領選挙、テロ…とバラエティに富み、これからニューヨークに住む人、アメリカという国を学びたい人には最適な入門書ではないだろうか。 個人的には、徳川使節のニューヨーク滞在を語った「ニューヨークのサムライ」が一番面白かった。
 とにかく文章がおもしろい!話し言葉同様の記述が、エネルギッシュなニューヨークの雰囲気を伝えるのにピッタリだ。読み始めたら最後、著者と同じ視点でニューヨーク巡りができる。著者に身近な人物が随所に登場し、かなり庶民的なガイドとなっているところ、思わず笑いが出てしまうこともあるが。それもニューヨーカーとして生活している著者ならではの案内なので、この街で暮らすシミュレーションを見ているごとく感じる。中には著者がちょっと古い記憶を辿って記した個所もあるが、文章からみなぎるパワーにあおられ、それさえも新鮮に思える。
表紙の雰囲気そのままに、可愛いくって素敵な写真をページいっぱいに紹介。定番スポットも新たな魅力を詳しく説明。 New Yorkに数回訪れた事のある人、在り来りのスポットには行きつくしたそんな人にピッタリの編集になっています。 New Yorkで生活をしている人の視線とその中で本当に心地よいエリア、スポットを紹介してくれています。
まず美味しそ〜な料理の写真にやられます。 実際にこの中の何店舗に行って見たけど、出張時のレストラン選びに 毎回頭を悩ませていたので助かりました! どの店も女性受けが良かったですね。 文庫本サイズなんで持ち運びやすかったのと著者のお薦めが レストランにしてもデリにしてもはずれがなかったので ☆、5つにしました。
さすが”ナショナルジオグラフィック”といいたくなるほどの情報量の多さ。日本のガイドブックには全く載っていないニューヨークの魅力が満載。ニューヨーク旅行を楽しみたいと思うなら、ぜひこの本を!
さすが、ブルーノート・レーベルの世界で唯一人の完全コレクター、小川さんです。ジャズの本場の歴史の流れをディスクガイドを交えて紐解き、初心者でも解りやすい内容でした。クラブジャズから入った人も(僕もそう)、一度系統立ててジャズを知った方がいいのでは? そんな気持ちになりました。ニューヨークのジャズ・スポットも紹介しており、旅行の際の参考にもなりました。
自由の女神をみて美術館を巡り、ミュージカルに大リーグ観戦etc. と見所には全く事欠かない都市、ニューヨーク。 そのニューヨークを別の視点「古本屋」を中心にすえて 旅情溢れる文章に仕上がっています。 著者が好むニューヨークに関する書物をお供に、 ヴィレッヂやチェルシーなどちょっと穴場的な場所が紹介されていて 今すぐ鞄をもってNYへ行きたくなること、間違いなしです!
30代の女性ならではの視点!!共感できるところ多数です。 仕事はまずまず順調で、でも気が付いたら代わり映えのしない毎日になんだか物足りなさを感じたり、周りにはすごくしっかりしているように見られたり、 恋愛でも20代の頃のように勢いだけではつっ走れないような、このまま一人かな?とか、子供を産めるかな?とかetc・・・ そんな中でのヌーヨーク行き!まさに、のるかそるか! 「アキエダさん、すごいよ。よくやったよ!」と声を欠けてあげたくなります。
刺激的なアートが集結するNYという都市で活躍する22組のアーティスト達を 丁寧に取材し、彼等がどのように作品を生み出すかを紹介しています。 発想を得るために出掛ける公園から冷蔵庫の中まで 創造という仕事に従事する人々のライフスタイルを知ると共に 自分への刺激にもなります。






Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク